1. ガンガン稼げる!「営業職」


「人と話すのが大好き!」
「男女関係なくバリバリ働きたい!」
「自分の力を試してみたい!」
そんな女性にぴったりなのが、「営業」の仕事です。
物腰の柔らかい女性の営業は、取引先からも好意的に受け止められることが多いため、たくさんの企業が積極的に女性採用を進めています。

「営業」の仕事には、様々な働き方があるため、「営業職なら何でも良い」と転職活動するのではなく、まずは希望する形態を考えておきましょう。

決められた営業先を回る「ルート営業」
アポイントメント無しで訪問する「飛び込み営業」
不動産や車、家電など、店舗へ訪れたお客様相手の「接客型営業」
会社からあらかじめ指定された場所へ出向いて行う「プレゼン型営業」

などから、自分が好むスタイルを見つけることで、転職活動がスムーズになります。

「営業」の仕事は、コミュニケーション力、プレゼン力が鍛えられるので、その後、再転職を考える場合も、経験が生かされるでしょう

2. 需要の高さと安定した収入が魅力の「看護師」


「転職先が無い……」
そんな悩みとは無縁なのが「看護師」の仕事です。
少子高齢化が進み、多くの病院が「看護師」不足で悩んでいるため、全国各地どこに住んでいても仕事に困ることは無いでしょう。
女性の仕事の中では、高給な点も大きな魅力です。

看護師として働くためには資格が必要ですが、社会人になってから看護師資格取得を目指して、専門学校などへ通う女性が増えています。
少しの間、頑張る必要がありますが、その後の安定を求めるなら、思い切って学生に戻ってみるのも良いかもしれません。
働きながら、夜間過程のある学校で頑張っている女性も多いですよ。

医師のサポートや患者さんのケアなど、やりがいと感謝に満ちた「看護師」の仕事で、輝いてみませんか?

3. 生涯設計をサポートする「ファイナンシャルプランナー」


家計や保険など、お金にまつわる全般のお悩みを解決する「ファイナンシャルプランナー」相談者は明確な将来設計を手に入れることができ、「ファイナンシャルプランナー」はアドバイスを行うことで収入を得ることができるため、どちらにとってもプラスが生まれる仕事として人気を集めています。

人の話を親身になって聞くことができる女性や、誰かのために役立ちたいと考えている女性にとっては、最高の転職先となるでしょう。

「ファイナンシャルプランナー」の資格を得れば、自分自身のお金の管理にも知識を役立てられるため、持っておいて損のない検定だとも言えます。
年金や保険などは、制度が大きく変わることがあるため、常に最新情報へ注意をはらい、仕事に役立てていきましょう。